[screenshot url="book.mycom.co.jp/wd/"]
19歳のときからアルバイトでWeb業界に入って、そのまま16年間Webの仕事を続けています。

最初はデザイナーをしていたのがいつの間にかコーディングやディレクションが中心になって、フリーランスになった今ではほぼコーディングだけしかしなくなりました。

今ではすっかりデザインが苦手になってしまった僕ですが、普段見ているサイトやサービスもビジュアル面でのデザインはほとんど気にしていないことに気が付きました。

まあ普段見たりしているサイトといえばiGoogleTwitterFacebookあたりが90%ぐらいになるんじゃないかなと言うぐらい固定化していて、じゃあそこで何を見ているかと言うと基本的に「情報」を見て(読んで)ます。極端に言ってしまうと文字情報だけ。それに関連して写真やイラストと言ったビジュアル情報にも目を向けるものの、ほとんどが文字情報を追いかけています。

仕事でHTMLやらCSSやらJavaScript触ってて、それ以外の時間もTwitterを見てりゃーそうなっても仕方ないかなとは思いますが、結果的にビジュアル面はあまり気にしなくなり、Webのデザインで気になるのはビジュアルではなくて使い勝手のほうになってしまいました。

テレホタイムになった瞬間モデムをピーピーガーガー鳴らしてインターネットに接続して、チャットや掲示板で情報交換をしていた身としては、ビジュアルだけのデザインにはどうしても興味を持てなかったんですね(^^;

あ、もちろんデザイン重視のWebサイトが必要ないかと言うとそうではなくて、あくまでも僕が強く興味を持てないというだけの話です。ビジュアルを見せることが目的のサイトも必要だと思うし、僕もたまにそういうところは見に行きます。ただ日常的に見たり使ったりするサイトにそれはどれくらい重要なのかな、と思った次第でした。
[rakuten]001:9784881081709[/rakuten]